2013年7月31日水曜日

東京、6日目。女の子に熱い視線を送る。夕方、長崎へ

毎朝、赤羽カトリック教会のミサと聖務日課にあずかった。10数人の信徒が、いつも祈っていた。朝から、こうして教会で祈る。幸せを感じた。ミサと聖務が終わっても、最後まで教会の中にいる母親と、幼稚園の女の子がいた。女の子は、熱心に手を合わせて、祭壇の方へ目を注いでいる。普通の少女は、教会などに興味はないのに、この女の子は、神さまを見詰めている。それが、好きなんだ。自然に、そのように心が傾いているのだ。その女の子を見ていると、「ああ、この子は、神さまから、見詰められている」と思った。こういう女の子が、シスターになり、神さまの道に自然に進んで行くに違いない。自分の少年の頃を思った。自分も、そうだった。自然に、なんの抵抗も無く、心が傾いていた。神さまから、目を留められても、沢山の苦しみ、困難があった。試練もあった。それを乗り越えて、受け入れて、人は完全に成っていくのだろう。★日曜日、ミサの後で、また、あの女の子を見つけた。「色紙を、あげるよ」と、1枚を渡した。色紙を抱いて、写真を撮った。「この女の子が、神さまの恵みのなかに育ちますように」祈りを添えた。写真に写っている司祭は、ルーマニア人のペトロ・イシトク神父さん。仲良しの神父さんだ。日本語を学んでいる。★きょう、夕方、東京を出発して、長崎へ帰る。今年の夏の休みは、これで終わりだ。赤羽を去るに当たって、なぜか、毎朝、教会で出会った女の子の祈る姿が、印象に残った。「オレも、長生き、せんとなあ」。そんな気持ちも湧いていた。また会おうね。女の子のことは、忘れない。