2013年6月6日木曜日

オバマ温泉、3日目。長崎へ帰る。突然、血尿あり。ショック

オバマ温泉の通りです。左側が、海です。3mから、5mの街路樹は、ジャカランダの木。いま、オバマ温泉を彩っています。6月が花咲く頃合いです。朝、オバマ温泉を出発しました。ゆっくり休みました。ありがとう。昼前に、長崎へ戻った。その足で、散髪へ行く。終わって、耳鼻科へ。★ところが、ショック。トイレで、尿が、血尿した。血のカタマリが、2個、出ている。「こりゃ、なんじゃ?」。血が、尿から出る症状は、もう、こりこりです。22歳から、60年間、尿の血尿で苦しんできた。「ああ、また、ガンの再発か?」。疑いの心が走った。「いつになったら、安らぐのか」。他人には、何も告げないが、気持ちは、確かに落ち込んでいた。オバマ温泉で、くつろいだかと思ったら、この有様。久しく血尿は無かったので、安心は、していた。イヤな予感になる。★昼食時にも、食欲が出ない。ゲンキも出ない。揺れ動く、差が激しい。午後、介護のヘルパー君が来たが、入浴の気持ちにならなかった。★聖コルベ館にも、カオを出さなかった。ベッドで静かに休んでいた。どうやら血尿は、1回きり。即座に、治まった。怠けていては、申し訳がない。夕方の祈りには参加した。夕食もいただいた。明日は、病院へ行こう。