2013年3月1日金曜日

3月、3つのお知らせ。困難にも希望を持って祈りましょう

今朝、ミサのとき、2人の司祭、6人の修道士が居ました。司式の神父さんは、祈りのなかで、次の3つの話をした。①今日は、トマさんの誕生日です。彼の務めの上に、助けを祈りましょう。②3月は、聖ヨゼフの月になっています。カシアノ修道士さんの著書によれば、聖母の騎士修道院は、戦争のとき、大きな困難があった。聖ヨゼフへの取次ぎによって、見事にお恵みをいただいた。聖ヨゼフの月の務めを果たしましょう。③ベネジクト16世教皇さまは、引退なされた。600年ぶりの出来事です。3月に入って、2週間のうちに新しい教皇さまが選出される。お祈りしましょう。現代も、困難が多い時代になっている。★この聖ヨゼフのご絵は、コルベ神父が日本へ持参した美しい聖絵です。聖コルベ館の資料室に掲げられている。大きな額に入っている。大切にしています。★さて、トマの誕生日に、祈ってくれてありがとう。次に、聖ヨゼフの月だが、戦争中の聖母の騎士の雰囲気、食料不足、軍部の圧力、修道士たちへの締め付け、など実際のご苦労を良く知っている。大変な苦しみでした。その苦難から、抜け出して、戦後は発展を遂げることになった。「苦しみの後に、恵みが来ます。汝、今は知らなくても、後で必ず喜びに変わるであろう、そのように希望を持ちたいものです」。日記を読んでくださる皆さん、何か困難があれば、聖ヨゼフさまに、取次ぎのお祈りを捧げるようにお勧めします。必ずお恵みがあるでしょう。★昼ごはんは、知人のマンションに招かれ、6人が集まり、バースデイ・ケーキを食べました。ワインは、赤と白、2本を飲んで、喜びました。戦争生まれは、女性もゲンキがいいですね。「紀元は2千6百年」を歌いました。楽しい1日でした。