2013年3月30日土曜日

ボケない、5つの方策。声を出して、祈るのが最適です

ボケないで、脳を活性化させる方法が、5つ、あると、テレビが言った。まず①よく、噛むこと。噛むことによって、脳の中が刺激される。噛むといえば、自分の歯は、天然で、入れ歯じゃないよ。これが自慢です。しっかり、噛むように、心がけよう。これは割りと難しい。早食いだからね。次は②本や新聞を、声を出して、読むこと。これは朝夕、聖務日課を、大きな声を出して、しっかり称えているから大丈夫でしょう。全くこれが功を奏している。それに、毎日のロザリオ。声を出して唱える。これも、ボケ防止には、よいでしょう。自然に、うまく、やっているわけです。次が③歌、カラオケを大声で歌うこと。カラオケといえば、今は、やっていないね。一時期は、よく流行った。カラオケの器械もちゃんと持っている。器械を出して、唄ってみるか、そう思います。抵抗もある。レパトリが少なく、あまり上手でないからね。声をリズムに乗せられない難点がある。④翌日の予定を立てること。翌日の予定というか、パソコン日記を毎日、書いているから、これがタメになる。ボケ防止になっているでしょう。原稿も書くし、幸いになっている。⑤最後は、料理をする、がある。これは出来ないね。炊事場に立てないのです。修道院という公の場所だからね。勝手に炊事場に入ることは、以前は許されなかった。今は入ることは出来るが、腕が無い。料理は出来ない、習慣がついている。料理の変わりに、水墨画だね。色紙を描いている。これに没頭すれば、料理の代役になるでしょう。それに最もいいのが、聖コルベ館に見学に来る人との、出逢いです。話しが出来て、楽しい。これが唯一の、ボケ防止の、脳の活性化ではないでしょうか。とにかく、出来ることを、希望をもって実行しよう。