2013年3月24日日曜日

将棋の名人、加藤一二三さんは、聖コルベを慕う人です

いつぞや、将棋の加藤一二三さんを知っている男性が、聖コルベ館にやってきた。「洗礼の代父になって、いただいた」と加藤さんのことを言う。加藤さんなら、聖コルベが聖人になったとき、いっしょにバチカンへ巡礼したので、よく知っている。拙著「ドキュメント・キリスト信者」にも、加藤さんの信仰を取り上げた。聖コルベを慕っておられる。それから、しばらくして、また別の男性がやって来て、言った。「仕事の関係で、加藤さんにお世話になっている、四谷のイグナチオ教会でも、加藤さんは活躍されている」。それを聞いて、即刻、色紙を預けて、「もし、よかったら、加藤さんに差し上げてください」と、1枚の手描きの色紙を渡した。すると、その男性から手紙と、写真と、加藤さんの本が送られてきた。「加藤さんは、喜んで、受けてくださった」。写真は、将棋会館の会議室で、嬉しそうにして、おられる。加藤さんは、本に書いている。「コルベ神父さまの生き方を尊敬しています。チェスが大変強かったそうで、そういう意味で、棋士としても、とてもシンパシーを感じています」「よかったですね」