2013年1月7日月曜日

ライモンドの日だよ。ずいぶん大きくなったな。甘えるな

教会のミサで、聖ライモンドを記念した。スペインの聖人。12世紀の人。ドミニコ会総長。学者。1月8日にコルベ神父は生まれたので、名前を「ライモンド」と付けられた。その名を取って、ネコ君に、志願院生が、ライモンドと付けて、かわいがっている。知ってるかい。コルベ神父の長崎時代にも、ネコが居たんだよ。修道院に十分な食料がなかったので、迷いネコは栄養失調で死んでしまった。それに比べて、お前さんは、よーゥ、栄養が豊富だな。元気なもんだ。昨年は12月に入ってから、異常の寒波がつづいた。年寄りには、寒さが、こたえるよ。この正月は、カゼが流行ってな。次々に、周りの仲間が、ダウンした。小崎修道士も年末に心配したよ。休みの期間中に、熱でも出したら、病院は休みだから、困るよね、と憂いていた。ところが、周りの人は倒れるのに、クシャミしながらも、何とか年末・年始を乗り越えた。3月号の原稿も書き上げたので、明日から、温かいオバマ温泉へ行こうと思う。ネコ君は、カゼ引かないんだな。すりよっては、寝転んで、温順な態度を示している。かわいいもんだ。寒さに負けるよ。