2013年1月30日水曜日

3日目。この日に帰る。ゲンキにジンセイを送りたい

オバマ温泉、定宿・富士屋さんの玄関です。いつもお世話になっている入口です。左に、掛け軸。女将さんの心づくしか。右側の奥が、フロント。左は狭いが、売店。おみやげ物は、湯せんぺい。海産物など、「オバマに行ったよ」の証拠の品を買います。温泉で、1人、ゆっくり。ゼイタクですが、これもストレス解消です。人の顔は、いっさい浮かばない。言葉を気にすることもないし、楽です。ただ祈りだけは、忘れない。朝に、夕べに、聖務日祷を唱えている。朝、起きるのは、6時。すぐ入浴するのが楽しみ。日中は、部屋で、メモの整理や、書き物などで時間を過ごす。昼になると、近くを散歩し、昼食を、外食する。部屋に戻って、入浴し、しばらく眠る。夕食には、牛肉のテンプラは必ず出ます。もう食べる量が減りました。夜は、早めに、9時には、もう眠る。3日目の朝になると、午前9時過ぎに、白浜さんが迎えに来ます。自分で運転はしません。昼ごはん前には、聖コルベ館へ戻っている。「温泉に行くと、顔が、つやつやになるね」。肌も、輝く、心も、輝く、元気にジンセイを送りたい。