2013年1月6日日曜日

正月が明けて、やっと休みを取った。映画・牛めし・観覧車

聖コルベ館は年中無休です。年末、年始も勤めます。正月も、ずーっと聖コルベ館に在住していた。そこで日曜日になった今日は、休みをとって、外出した。まずミュージカル映画『レ・ミゼラブル』を見に行く。セリフは英語。字幕が出てくるが、歌なので、ムダがない。「愛、命、恋、神さま、悪魔、裏切り、執念、追求、許し、戦い」など、ジンセイのセリフの総てが要約されている。混沌とした世の中に、人生の波に、どこに救いがあるのか。感動の2時間30分だった。映画館を出て、昼食を食べる。「長崎和牛の箱ドン」だった。観覧車にも乗った。高かーぃ所からの長崎の眺めも格別だった。町を取り巻く山々は、原爆当時と全く変わっていない。興味は発展した家々よりも、山の伏線にあった。あの山々は原爆の火で総て燃えたのだった。その印象はまだ残る。悲しいよ。7階建ての長い建物に、すべての店が入っている。人通りの多いコーナーに、書初めをする一角があった。幾つかの机に向かって小学生や主婦が筆字を書いている。係りが「どうですか?」と声をかける。机に向かって、一気に「平和」と書いた。師匠さんが居て、修正・評価してくれる。「平和」を見ると、「いい題ですな」と言いつつ、赤字を入れてくれた。和やかな楽しいひと時だった。本屋で買い物をして、聖コルベ館の現実にもどる。すっきりした1日だった。★コメントが2つ入っていたが、操作のミスで消えた。ごめんなさい。もう1度、入れてください。