2018年5月26日土曜日

ペトロ瀧憲志神父さん、誕生日。87歳。おめでとう

今朝、朝食の食卓に就いた。隣の席、瀧神父さんの朝食の傍らに、封筒があった。「あッ、神父さんの誕生日だ。おめでとう」。誕生日には、職員一同からお祝いの手紙がくる。これが、そうです。縦、14cm。横、20cm。Pushを押すと、音楽が鳴る。写真は昨年の夏、近くの轟(とどろき)の瀧へ、流しソーメンを食べに行ったときの神父さんです。職員は、ちゃんと、丁寧に、飾ってカードを作ってくれるんですね。ありがたいことです。こちらも嬉しくなります。
★瀧憲志神父さんは、1931年、昭和6年5月26日に、鹿児島県大島郡喜界島で生まれた。87歳になられた。1951年12月に洗礼を受ける。永井隆博士の「滅びぬものを」の本が信仰に入る決めてとなったそうです。1956年4月、聖母の騎士修道院に入る。コンベンツアル聖フランシスコ修道会に入会する。修道名は、ペトロ。司祭叙階は1965年3月です。ホームに入所は、2017年4月6日です。1年が過ぎた。「トマのおかげだよ」と言われる。「いえ、いえ、どうも。こちらこそ」
★瀧神父さんが入所されたので、トマも寂しくない。お互い慰め励ましている。トマが寝込むと、心配して声をかける。たのもしいです。食堂は、2階。瀧神父さんのお部屋は、1階です。トマは3階で、離れている。食事が終わると、一緒に2人でエレベーターに乗って、先ず1階へ、次に3階へ直行します。仲良くやっています。
★瀧神父さんは、朝、ミサは、湯江教会で、修道院の司祭、浜田神父さん、山内園長神父さんと一緒に祈ります。朝は信徒と共に、聖務の朝の祈り、午後からのロザリオも一緒に祈ります。神父さんが居られるので、信徒も心強いです。時々、お説教もなさいます。声が大きいので、よく聞こえます。87歳、お歳に負けず、杖をついて、ゆっくり歩けます。トマの日記の最も近い読者は、瀧神父さんです。
★ペトロ瀧神父さん、いつまでもお元気で居てください。皆さんも瀧憲志神父さんを見守ってください。お祈り下さい。