2018年5月15日火曜日

若者と外食、語らい。楽しいひと時。バス停面白い


若者が来ると、老人は楽しくなる。声が、いいね。「トマさん」「トマさん」と呼びかけられると、気持ちがウキウキする。若者は未来があるからね。イチゴの形をしたバス停。この町のバス停は皆、果物です。メロンあり、トマトあり、地元の中学生が珍しいバス停を広報しています。
★「トマさんのことば」の編集者、野々村哲さん、塩沢美樹さんがホームに姿を見せた。昼前だったので、「食事に行こう」と誘った。野々村さんの車に乗って、高来町の隣町、小長井町に入ると、このバス停だよ。最近、塗り替えられて奇麗になった。有明海沿いに車は走ると、潮干狩りが出来る僅かな砂浜がある。その傍らに食事処がある。「大橋」という名の田舎の魚料理店です。2人の若者と語らいながら、定食を食べた。小長井町の修道院に、2度、11年と6年、合わせて17年を過ごした。後の6年は、「大橋」で食事をしたり、椿原学校の先生の結婚披露宴も、ここで行なった。懐かしい食事処です。
★食事の後で、私の日用品の買い物を手伝ってもらい、ホームに帰って、しばらく話し合った。2人は、私の希望に従って行動してくれて、作品を仕上げてくれる。今度も、頼りににていますよ。

2 件のコメント:

  1. トマさんこんにちは��
    今日は暑かったですね〜
    お兄ちゃん達の運動会も日曜日と今日に分けてありました。小学校は土曜日が運動会です。
    小長井のバス停ですね〜果物のバス停可愛いですね��トマさん 暑さに負けず 体調を崩さない様にお元気でいて下さいね。ココナより

    返信削除
  2. トマさん、はじめまして。
    トマさんの日記はかなり以前から読ませていただいています。私は4月のはじめからサンティアゴ巡礼を始め、3日前にSantiago de Compostelaに到着しました。明日には当地を離れ、マドリッドに移動します。
    今から10分ほど前、スペインのテレビでニュースを見ていたら、何とトマさんのインタビューが流れていたのです。ビックリしてこれを書いています。スペイン語の放送だったので内容は正確には分からなかったのですが、コルベ神父様の映画のことだったと思います。思い当たることがありますか?

    返信削除