2015年3月27日金曜日

修道士誓願50周年・金祝の朝です。神に感謝です

めぐみの朝がきました。いつものように、5時に目覚めて、ホームに来て、5ヶ月になりますが、ここでは初めて修道服を着ました。「きょうは、自分のお祝いの日だ」と言い聞かせる。普段は、入居者と同じく、一般の服を着ています。人影の居ない廊下を歩き、隣の湯江教会へ。5時40分から、聖務日課の朝の祈りがはじまる。6時から、ミサです。ミサの祈りの前に、紹介され、小さな花束をもらいました。1965年3月27日、長崎・聖母の騎士で、修道士の誓願を立てて、修道士で行きますと宣言して、フランシスコの兄弟になりますと誓って、50年が過ぎたのです。金祝といいますかね。ミサで、感謝の祈りをささげました。ミサが終わって、皆さんに、ひとこと挨拶しました。「神父さまと、皆さんに、一緒にお祈りをささげてくださって感謝します。この日を迎えられましたのも神さまのお恵みです。ホームにお世話になっていますから、これからも支えて、励ましてください。ありがとうございました」。ブログを日々、見てくださる皆さんにも、同じ言葉を送ります。生かされているのが、いちばん有りがたいですね。幾つか花束もとどいて、いい日になりました。