2015年3月13日金曜日

初回・絵手紙の講座あり。作品は、これに決めた

ホームで、絵手紙の時間が始まることになった。職員さんたちも、いっしょ。会場になった食堂は、にぎやかに盛り上がった。「何か、絵に描けるものを持ってきてください」。自分は、誕生日に贈ってもらったコップを描こうと決めていた。みなさん、自分の描いた作品に、納得している。「いろんな声も、あち、こちで、あった」。誰が、じょうずか、ヘタか、それは、いいんです。楽しみながら描けば、いいでしょう。水性の筆ペンは色がにじむ。油性の筆ペン。絵の具も、水彩画のとは違います。コップの中を、少し、黒めに塗りたかったのだが、うまく、いかなかった。何人もの職員さんが、コップを「ちょっと、さわらして・・・ほんと、軽いのね」。思い出に残る1枚ができた。浜松の酒井ひろみさんに送りますからね。