2015年3月19日木曜日

聖ヨセフの祭日。聖ヨセフの聖絵といったら、この絵

コルベ神父さまが、ポーランドから持ってこられた聖ヨセフの聖絵です。いちばん好きな聖絵です。大きな額に入れられて、長崎・聖コルベ館に掲げられています。こどものイエスさまが、ほんとうに、かわいく描かれていますね。こころが、なごみます。忘れることの出来ない1枚です。★ホームでは、10時から、教会で、祭日のミサが祈られました。20数人が参加しました。車椅子の女性も、熱心に祈っていた。「聖ヨセフは大工さんでした」とお説教にありました。★「聖ヨセフに祈って、聞き入れられなかったことは、ない」。聖人たちの証言です。聖ヨセフへの信心で直結して、すぐに思い出すのは、ポーランド人の修道士、カシアノさんです。コルベ神父さまから日本へ呼ばれて、修道院で、生涯、炊事係を務めました。カシアノ修道士の聖ヨセフへの祈り、信頼、愛情、希望は、誰でも認めることであった。きわだって優れていた。やっぱり、信心は人の模範を通して、心に育っていくように思います。