2015年3月20日金曜日

聖ヨセフの祭日が来たからには、カシアノ修道士を

聖ヨセフと言えば、カシアノ修道士。カシアノさんと言えば、聖ヨセフ。聖ヨセフの祭日が来たからには、カシアノさんのことを書かせてください。カシアノ修道士は、5年間、コルベ神父と生活を共にしている。コルベ神父といっしょに生活し、霊的にも高められた。慰め、励まされる。入会の日から、生涯、炊事係だった。戦争中、聖母の騎士へ半年ほど手伝いにきたが、昼食を出してくれたのが、カシアノさんの「わかめのミソ汁」で、そのとき覚えてもらった。★カシアノさんの印象は、聖堂で熱心に祈る姿。ひげが濃い。顔の表情も聖ヨセフを思わせた。亡くなった日も普通にポーランド修道者たちの夕食を作り、勤めを果たし終えて、司祭に告白して、自分のベッドに横になり、聖体を受けて、その夜、聖ヨセフに迎えられて、安らかに天国へ旅立った。享年85。亡くなって、28年になる。★カシアノ修道士は書き残している。「よく「正直者は損をする」と言われる。その反対に「正直者の頭べに神宿る」とも言う。一般の人が使うのは、前者です。聖ヨセフは聖書にもあるように、義人であり、正直者でした。腹黒いヘロデ王に比べて、貧しい大工でした。やはり損したかも知れない。しかし、それは見た目のことで、生活の中で、大きな宝「神」を所有していたのが聖ヨセフでした」★カシアノさんは炊事場に居りながら、1冊の本を出した。1958年発行の「聖ヨセフの月」である。聖ヨセフに祈れば、必ず聞き入れられる。ぜひ、読んでみられては、いかがでしょうか。改装版、同じ内容で、「聖ヨセフに祈る」(聖母文庫)