2013年2月6日水曜日

ルルドの梅。まだ3分咲き。春は遠い。生きる現実に祈り

ルルドへ登る坂道、梅の木が数本ある。まだ、3分咲き。寒さが続くせいだろうか。場所によっては満開だが、ルルド周辺は、風あたりが厳しいのか、ツボミは固い。寒さに負けず、ルルドに参詣に来る人は、多い。★昨日は、26聖人の祝日であった。殉教の地、西坂の教会では、朝の9時から、2時間おきに、ミサが捧げられた。また、その時間、告解もできる。信者たちが、大勢、教会に集まって祈っていたと、聞いた。最後のミサは、夕方の7時。英語のミサだった。26聖人の日には、西坂の教会へ行けば、ミサで祈れる。告解もできる。その習慣が定着すれば、信仰を盛り上げる上で、最良だと思いました。★今朝、思いました。信仰における祈りとは、何ですか。それは、「主よ、主よ、ください、ください」と願うだけでなく、神のみ旨を知って、それを実行することではないですか。これは何度となく、聞かされてきたことです。では、神のみ旨とは、何だろう?自らに、問いました。「いま、あなたが持つ気持ちは、何ですか。いま、神のみ旨は、何んと思いますか。祈りの中に、探し求めてください。方向は、わかると思います。そう、難しいことでは、ないでしょう。わかったら、実行しよう。仰せのとおり、我に成れかしと、受諾しよう。いまは生かされていることを感謝しよう。それが信仰の道のように思います。