2013年2月13日水曜日

13歳まで育った北朝鮮。核実験に世界は大きく動揺する

北朝鮮で生まれ、その地で、13歳まで育った。いわば北朝鮮はフルサトです。山も懐かしい。海も懐かしい。学んで、食べて、遊んで、楽しい思い出が一杯ある。その北朝鮮が、核実験をおこなった。バクハツさせた場所は、育った町から、さほど遠くない。あの山が大きく揺れた。被爆者である身分から考えれば、その恐ろしさは、確実に分かる。恐れと、悲しさに、胸は打ち震えた。北朝鮮で生まれて、すぐにカトリックの洗礼を受ける。カトリック信者となった。洗礼名は、ガブリエル大天使。北朝鮮にも、カトリックの信者さんがいた。朝鮮人の神父さんもいた。あの信者さん、神父さんたちの安否は、健在であろうか。心配される。核実験の事実は、新聞に大きく報じられたが、その同じ場所に、ローマのパパさま、ベネディクト16世教皇さまの引退の記事も載っていた。85歳になられるという。存命中の引退は、600年ぶりと記されている。