2017年2月27日月曜日

小さな喜びでいい。生きていこう。孤独に負けない

昨日、訪問者の美樹さん、哲さんが作ってきてくれた「続トマさんのことば」の22,23ページです。入江さんに見せたら、手に取って、ニッコリ笑って、「くれん、ね」と、おねだり。「イヤだよ、1冊しか、ないから、あげられん」と取り返しました。
★右側のページに、字が小さくて見難いが、こう書いてある。「小さくてもいい。小さな喜びを見い出さなければ、人は生きていけない気がします」
★ホームの生活は孤独で、喜びが少ないからね。小さな喜びが必要です。小さな笑い、喜びがあれば、生きていける。ホームは人生の最終章じゃないよ。
★2月も、後少なか。今朝も冷え込んだ。それでも朝、4時45分に起きて、教会へ。朝の祈りと、ミサで祈った。朝食後、これまで風邪気味だったが、久しぶりに、入江さんと、2人だけで風呂を楽しんだ。今日の入江さんの背中流しは、「おや?」と思うほど、チカラがこもっていた。92歳だよ。まだまだ余力があるじゃないか。ゴシゴシ、背中を洗ってくれた。入江さん、ありがとう。小さな喜びを与えてくれる。
★「いのちを与えた神は、私たちを片時も忘れることなく、守ってくださる。あなたの愛に目覚め、あなたへの信頼を深めることが出来ますように」