2016年11月8日火曜日

五島のミカンだよ。食べてください。励ましの心は通う

ホームの女性が、自室を訪ねてきた。いつも、ミサや、ロザリオに来ている熱心な、というより、信仰が身に染み込んだ女性です。「みかん、ば、食べて、くれんね」
★「イヤ、イヤ、いいよ。みかん、沢山持っているけん、よか、ばい」「そう、いわんと、食べて、くれんね」と大事そうに、みかん、二つをもってきた。
★「これは、五島から送ってきた、みかん、たい。わたしが、ホームに入る前に、植えたとよ。その木に、なった、みかんだから」
★「ホームに入って、何年に、なると?」「6年になる」「みかんは、何年で、なったとね?」「3年で、なった。毎年、送ってくるとよ。子どもも、孫も、いる。ああ、五島に、帰り、たか」
★「写真ば、撮るけんね」。いい顔の写真が撮れた。プリンターで出して渡すと、喜んだ。「これば、五島に、送って、やろうかね」。満足してくれた女性でした。
★午後から、ホームの行事で、ショッピングがあり、小型バスで買い物に出かけた。ベッドに横になっていたら、出発直前に、気がついた。急いで、準備して、バスに乗ったら、また、やった。「シマッタ。サイフを忘れた。これで三度目かな」。運転の高原修道士さんから、お金を借りた。「まさか、ボケて、いないだろうな」
★数日まえ、修学旅行生に話しがしたいと、気持ちが盛り上って、長崎の担当の松下修道士さんに頼んでいたが、それが明日となった。177人の女子高校生が来る。二年間、話したことがなかった。
★「なんとか、気力を支えよう。声に自信はないが、老人は、老人なりに、優しい顔で語れる内は語りたい」。あしたは、がんばってみます。