2016年11月12日土曜日

旧友が来る。夫妻は金婚式を超えた。幸せな家族

熊野さんご夫妻が、娘さんと一緒に訪ねて来られた。「旧友、来たる。嬉しいですね」。私を見て、「元気そうで安心しました」
★もう、むかし、です。高校生の頃、彼は中学生だった。聖母の騎士の小神学校で学んだ。修練を2年努めたが、目上から「帰りなさい」と言われて、この道を断念した。だが、私の事は覚えてくれていた。
★福岡県に、新田原(しん・でん・ばる)といって、教会や、シスターが経営する病院がある。病院で、事務の仕事で働いた。周囲には、カトリック信者が多く住んでいる。五島列島から移住した信徒たちです。熊野さんに呼ばれて、信徒の皆さんにお話をしに行った思い出もある。
★その時、一緒に撮った写真を持って来てくれた。懐かしい写真です。「こんなに、元気な時代も、あったんだな」。平成17年5月とある。11年まえですよ。上の方の写真には、「新田原教会での講演会を終えて、熊野宅にて」とあり、下の写真は、「湯布院(大分県)にて由布岳を背に」とある。一緒に、1泊旅行をした思い出の写真だった。
★今日の出会いの帰りぎわに、住所を書いてください、と頼むと、熊野さんは書きながら、こう言った。「中学1年の時、家にハガキを書いたが、上級生だった小崎さんから、『ヘタな字だな。上手に、なれよ、と3ヶ月ほど字の練習をさせられた』」「へえ、そんなことが、あったんだ」