2016年5月21日土曜日

「トマさんに、トマトを」。この季節、おいしいトマト戴く

「トマさんに、トマトを」と、山のシスター修道院から、新鮮な、本当に、「これが、トマトだ」という味がするトマトが届いた。このトマトを見ると、うれしくなる。
★シスターも、「おいしいと、よろこんで、くれるから」と、この季節になると、気にしてくれるのです。
★これは、シスターの実家、長崎県の大村で作ったトマトで、とにかく、おいしいのです。このトマトには、子どもの頃に食べていた本物のトマトの味がして、食べると「ああ、うまい」と、うれしくなるのです。シスターにも感謝の言葉を告げました。
★年毎に、こうして届けてくれていたが、今年も、おいしいトマトにありつきました。トマトは、事務長さんを通して、調理室の栄養師さんのところへ渡しました。
★栄養師さんが、ロザリオの後、冷えたトマトを切って、小皿に盛って、自室に届けてくれたので、食べました。ありがとう。