2016年5月2日月曜日

空は青く、マリアさまは白く、園長神父さんはミドリ

風も心地よいし、陽のぬくもりも温かい。午後から、庭で、屋外の空気に包まれて、いいね。「ああ、空が、きれいね」と誰かが言った。「園長先生、ミドリのシャツ、持っているの?」。また誰かが言葉を添えた。「持って、いるさ。リッパだろう」。そういう意味の言葉を返した。園長神父さんがいると、明るくなる。
★写真を撮るとき、顔を写すのは、遠慮しています。顔が見れるのは、園長さんと、マリアさま、だけです。でも、皆さん、楽しそう。何だか幸せを感じます。難しいことは考えたくない。
★広い庭も、ホームの自慢です。しかし手入れが大変だよね。この場所で、50年以上、ホームの歴史を刻んでいる。
★テレビで、「老人ホームを選ぶには?」というのがあり、答えは「働いている職員が、自分の家族に勧められるか。それが一番」と言っていた。人の世の中、いろいろ有って当然だが、ここのホームは長年勤務の職員さんが多く、何とか無事につづいている。そしてお世話になっている。