2015年8月6日木曜日

登明の日記。サブ・タイトルの館長は引退

最近、写した庭の花の写真です。意味はありません。8月6日、広島に原爆が落とされた日、その時間、サイレンが大きく鳴り渡り、朝食前に、黙祷しました。
★修道院の橋口修道士を訪ねて語り合った。私が以前に、からだが虚弱だったので、「60まで生きるかな」と言ったそうだ。それを覚えていて、いつも私を見ると、この歳まで生かされて、と繰り返し言っている。彼によると、「あんたは、神さまから、語りべの使命を受けているんだ」という。ありがたい。「コルベ神父の身代わりの愛、原爆と世界平和の尊さを語る。修道士の道に導かれたのも、召し出しだった」「そうかな。最後まで貫けなかったよ」「そこが、また、いいところさ」と彼は肯定してくれる。