2015年8月31日月曜日

これが絵てがみで描いたカキのスケッチです

ヘタか、じょうずか、描くのは楽しい。残暑、お見舞いを皆さまに届けます。
★父と母は、戦争の前に、出稼ぎで、長崎を出て、海を渡って、北朝鮮の奥地の町で、商売をしていた。人口、5万人の人に、日本人も多い。だが、日本人のカトリック信者は、わが家1軒のみであった。北朝鮮で生まれ、育った自分が、なぜ長崎の聖母の騎士のルルドに導かれ、修道士となり、50周年の金祝を祝うまでになったのか。人生の移り変わりは、ふしぎでしかない。
★昨夜、仕事が終わって、高原修道士が自室に来た。狭い部屋だから、2人は横に並んで長々と語り合った。「世間的に言えば、病気や、からだのキズ(手術の痕跡)をかかえて、とても生きる、ここまで生きれるからだでない。ここまで生きているのが、ふしぎ」と彼は言う。「そうか、な」の返事。「善とか、悪とか、あるけれど、それを超えるものが導いてくれた。ここまで導いてくれた」と彼。「そうだよ、な」