2015年8月14日金曜日

聖コルベの祭日。身代わりの愛。けがれなき聖母

聖コルベの祭日。聖母被昇天祭の前日に殉教した。ふしぎな御取り計らいであった。ミサで祈る。司祭がミサの始めに次のような意味の言葉を言った。「コルベ神父さまが日本(長崎)に来なかったら、私たちも居なかったでしょう。ホームもなかったでしょう」。確かに、そうだと思う。つながりがある。
★コルベ神父を語るとき、けがれなき聖母マリアを外すことは出来ない。常に、マリア、マリア、マリアを呼吸して生きていた。その話はポーランド人の修道士から本当によく聞かされた。「マリアを通して、イエスへ」。それが目標だった。
★コルベ神父やゼノ修道士や他の修道士たちの生き方を見ると、アシジの聖フランシスコの生き方によく似ていると思う。質素で、純朴で、祈って、許して、愛して、「わが神よ」と叫んで、主に似た者になることを目指した。
★コルベ神父が長崎へ上陸して、1ヶ月で、日本語の雑誌を発刊したのには、おどろきである。誰がそのような行動ができるだろうか。昭和の初め、雑誌、新聞、ラジオに興味をもった。最先端の科学、技術をもって、宣教すると、肺を病みながらも行動した。コルベ神父のことを考えると、なぜか次から次へと話題が湧いてくる。信仰が燃えてくる。人間味が広がってくる。