2014年12月2日火曜日

コメント、励まし、お祈り、沢山の見守りに感謝します

パソコンをホームの自室へ。切り替えの手続きに、長い時間を要して、それは大変でした。やっと発信が出来ました。ところで、これまで沢山のコメントを寄せてくださり、皆さんが連携して、お祈り、支えてくださったこと、まことに有り難うございます。心から感謝申します。人の一生って、長いですね。この歳になって、意外な経験もする。日々の生活では、早朝、ミサを共同で祈ります。夕方、ロザリオを共同で唱えます。ホームに隣接して、湯江教会があります。先日、ロザリオへ行こうと廊下を歩いていると、「電話です・・・」と呼ばれた。男性の声で、「いま、苦しい。祈ってほしい。お祈り、ぜひ、頼みます」「今から、ロザリオへ出かけます」。いろんな人が悩んでいる。ロザリオで祈ります。ロザリオの最後には、聖母マリアのご両親、聖ヨアキム、聖アンナへ取次ぎを祈ります。「近々、神さまに出会う日を、楽しみに・・・」と、祈りにある。老いの喜びとは、このことかも、知れないと思う。なぜか祈りを口ずさむと、こころが癒されるのを覚えるのです。★絵は韓国からのカード。