2014年12月11日木曜日

70年前に書いた日記、兵器工場から、原爆へ。悲惨なり

今から、70年近く前に書いた「原爆日記」です。12月になると、どうしても太平洋戦争のことを思い出します。真珠湾攻撃、日本の飛行機が魚雷を発射して、軍艦を次々に爆破した。その魚雷を、三菱の兵器工場で作っていたのが、16歳の少年だった。そのヒミツの兵器工場は、山をくりぬいたトンネルのなかにあった。いまでも残っている。16歳で、よく働いたよ。17歳になったとき、原爆が落ちて、少年はトンネル工場のなかで被爆した。工場は、海軍の配下にあり、海軍の兵隊が守っていた。原爆が落ちたとき、トンネル内部は、大混乱となった。すると海軍兵士が、銃に剣をつけて、「お前たちは、トンネルから出て行け」と、真剣に、のけ者にされ、追い出すのであった。日本人が、日本人の軍隊から威嚇されたこと、その恐ろしさを今でも覚えている。戦争の映画をみたとき、真珠湾に打ち落とされる魚雷があらわれると、自然に、拍手をしていたのを、また思い出す。人間って、自分の立場でしか、物事を考えない。お互いに死傷者が出る戦争は、絶対に、起こしてはならない。平和の時代がつづくのを望んでいる。