2014年12月12日金曜日

マリアさまのメダイがわが身を守った話を聞かされた


右の写真は、コルベ神父が、ポーランドへ帰国するときに撮った記念写真です。前列、右側の端に、ミロハナ神父もいます。コルベ神父が帰国後、聖母の騎士を守るために、万全の働きをした。左は、戦争中、ポーランド大使館の国旗を預かったローマン修道士さん。めずらしい写真があったので、載せました。★3度の食事のとき、皆さんが集まって、顔を合わせる。隣の女性から、こんな話を聞かされた。ミロハナ神父さんを知っている。自分の主人が兵隊へ行くときに、ミロハナ神父さんから、マリア様のメダイをもらった。南方へ行くときに、船が沈没して多くの戦死者がでた。主人はメダイをにぎりしめて、泳ぎきって、なんとか救助された。メダイはボロボロになっていたが、大切に持って帰った。メダイのお恵みでした。ミロハナ神父に感謝しました。ルルドの聖母マリアに感謝しました。そんな話を聞かされて感激しました。ほとんど、身の上話をすることは、ないのですが、この話は心に残りました。いま、どの女性だったか、わかりません。ポーランドの修道者たちは、働く姿と、熱心な信仰を残しました。ポーランド国を誇りに生きていた。パパさまも、出たんだから。ポーランドで育てられたようなものです。旗が、赤、白。日本の色ですよ。なじみがあるんですね。★kokoさん、真珠湾のときのこと、苦労されたでしょう。★純平くん、聖コルベ館に訪ねてきたとき、「身代わりの愛」を読んできた。写真にその本を偶然にも載せていたので、これも御計らいか、とびっくりしました。