2014年12月9日火曜日

普通にでも、いろいろ起こる。書く枠が決められる

ホームの庭のさりげない花々たちです。このところ寒波が去って、温かい日差しが戻ってきて、自室は明るくなり、ホットしている日です。毎日、ブログを書いていますが、自室に電話線がないので、電波を発進する「モバエル」をつけての、細々とした日々の書き方です。内容も、ホームの行事や出来事、皆さんのことなど、いまは書けない時代でしょう。当然、内容が狭まれてくる。悩みもあります。毎日、いつまで書けるか、わかりません。それでも、ホームでは入居者もおり、葬式があって、天へ召される人もおり、寂しさを感じる日もある。★「睡眠時・無呼吸・検査」のため、1泊どまりで、病院へ入院しました。★生活のなかの入浴は、介護つきで、職員の温かい介助の手で、助けられています。富士屋さんへ毎月、温泉へ行っていたのが、懐かしい。ブログの内容が、普通の一般の老人の書いたものに変わったでしょう。普通の老人です。申し訳ありません。ブログも、どこまで書けるか、ほんとうを言えば、普通の老人を意識していますから、むりは言わないで、ください。