2014年6月26日木曜日

小さな旅③ 広島から鳥取へ。砂丘のラクダ。

★朝、広島から新幹線で一気に岡山へ。特急に乗り換えて中国山脈を、10以上のトンネルで越える。午後2時前にJR鳥取駅に着いた。旅の終わりの目的地だ。鳥取教会のみどりさんと洋一さんが出迎えてくれた。3年ぶりの再会だった。★鳥取といえば砂丘でしょう。みどりさんの自宅(電機店)で休養をとった(写真)あと、砂丘へ向かう。見事な砂丘。圧倒される。3年前にも来たが、ラクダはいなかった。今度は、居るよ。「じゃ、記念に乗ってみよう」。ラクダ(栄吉君・10歳・若いので人気がある)に乗って、砂丘を一巡する。けっこう、揺れるんですね。ゆられ、ゆられると、胸のおくに眠っていた闘心が燃えたよ。長崎を出るときは不安がイッパイで、旅は大丈夫かと、ためらう気持ちもあったが、ラクダにも乗れるじゃないか。いい気になって、「シャシン、とって」と、 昔の元気が湧き出てきたよ。★長崎を出るときのモットーは、「行動しなければ何も生まれない」気丈さがあった。旅に出て、ラクダに乗った後のモットーは、「やせても、枯れても、老人とは言われない」。活力がもどって、平常になった感じがした。★洋一さんが、「砂丘と、日本海が一眺できる、山頂のレストランへ行こう」という。山に登った。眺めが、いい。日本海の先に北朝鮮がある。父はその地で眠っている。青い海を見ながら祈った。父の墓は、骨はどうなったであろうか。あきらめしか、ない。★この度、小さな旅へ出る時、「どこへ行く?」と聞かれる。「鳥取だよ」と言えば、「なんでトットリなんだ?」と不思議がる。海があるじゃないか。何か引かれるものが有るんだよ。みどりさん夫妻も居る。みどりさんが女子高生のときから、騎士誌を通じて交流があった。歴史は長い。★夜食は港の汐見亭で夫妻と3人で会食。時期遅れの、松葉ガニの御ちそうになり、会話がはずんだ。夜、8時半にはJR鳥取駅構内のホテルへもどった。「ラクダに乗ったとは、オドロキだったよな」。みどりさんが、介護の役だった。