2012年12月8日土曜日

無原罪の聖母の祭日。こんな出会いは珍しい。2人の女性がくる

2人の女性が訪ねてきた。左が北海道の裕子さん、右は東京の真理子さん。「私たちは、ここで、いっしょになったんです」。2年前の、10月6日だった。最初に、初めて、見学に裕子さんがきた。小崎修道士が説明をしていると、真理子さんがお父さんを連れて来た。お父さんは「長崎・浦上に住んでいる。昭和3年の生まれです」「ああ、小崎修道士と同じだ」。お父さんは体調がよくなく、当時、福岡に居た真理子さんが、実家に戻って、両親の面倒を見ていた。お父さんがゲンキがなかったので、「ルルドお参りに行こう」と勧めて、聖コルベ館には初めて来た、と言う。裕子さんと、真理子さんは、聖コルベ館で知り合った。あのとき、お父さんと3人で、ルルドへ登った。どこからともなく、ネコが出てきて、ルルドまで、忠実に案内してくれた。「それが、ブログに時々載っているライモンド君なのよ」。ルルドで、3人で、ロザリオを唱えたが、ライモンドは裕子さんのヒザの上、胸のところに、居座って、祈りの間、じーっとしていたそうだ。お父さんは、それから1ヶ月あまり後で、亡くなった。またお母さんも、その年の暮れに亡くなった。裕子さんと、真理子さんのメール交換はつづいて、今年、裕子さんのお父さんが亡くなる、それらの思いを慰め合ったという。裕子さんは、登明日記に、時折、「マリア・フランチェスカ」の名前で、コメントを寄せている。今日は無原罪の聖母マリアさまの祭日なので、わざわざ北海道から巡礼にきて、騎士会に入会した。それに合わせて、真理子さんも長崎へ来た。いっしょに騎士会に入会した。小崎修道士とは、2年ぶりの再会だった。こんな出会いも珍しいと思う。「ライモンドに、逢った?」「残念、逢わなかった。これ、おみやげ」と、ネコ用のスナック・菓子を置いて、去った。★裕子さんが、色紙を、3枚、カニも、買ってくれた。