2012年12月18日火曜日

2日目。心も、カラダも、癒される宿。祈りは忘れない

「オバマ温泉とは、どんな温泉ですか?」とコメントが入っていた。そうですね。海ぞえの小さな湯治の温泉で、塩湯ですから、カラダが温まります。定宿の富士屋さん。2階建ての小さな家族的な宿で、泊まる部屋は、左に赤い柱からケムリが出ているでしょう、あの後ろの部屋に決まって泊まっています。ひとり、静かに離れると、いろんな思いは忘れて、すっきり。夜は、早めに、9時前には眠りにつきます。よく眠る。温かい静かな夜です。やっぱり、田舎だなあ、そんな感じです。朝は、5時過ぎには起きて、6時前に、温泉に入ります。露天風呂にも入る。サッパリ、なるね。日中は、ぼーっと、しているが、祈りだけはサボらない。聖務はキチンと果たします。祈りを忘れたら、ダメ。そう思います。仲居さんから、「お宅ではー」と聞かれる。この人、どんなヒトと、思われているみたい。「ああ、いっしょに、居りますよ」。こんなフウに答えています。