2012年12月31日月曜日

2012年の最後の日となった。無事に終わって感謝あるのみ

ついに、今年も終わりの日がきた。無事に終えたこと、何よりも有り難いと感謝する。人生は常に苦しみの連続だが、希望を持って明日を迎えたい。「今は辛くても、道の向こうには、幸せがある」。そう信じて生きようではないか。12月8日から色紙を描き始め、12月は去ろうとしている。色紙は、25枚売れた。東京で、日本語を勉強しているペトロ・イシトク神父さん(私と背丈が同じ外国人)に電話をかけて、「資金を、ルーマニアの家族に送りたい、紹介してください」と頼むと、メールでアドレスを送ってくれた。今朝、中央郵便局へ出かけたが、もう振替の窓口はお休みだった。来年になって、直ぐに送ろう。1年を降り返って、よくぞ、生き抜いてきたと思う。来年は元気の年になるだろう。登明日記も2009年4月から書き始めたが、5年目に入る。毎日、読んでくださった皆さん、コメントを戴いた皆さん、ありがとう。来年もよろしく見守ってください。大きなチカラ、ハゲマシになります。★2012年、最後の入館者は誰か?夕方、閉館まえに、1人のおばあちゃんが入ってきた。息子が庭に車を止めている。「おばあちゃん、どこから?」「鹿児島から、佐々木トクです」と言いつつ、「小崎サンですか」。名前を覚えている。「え?どうして」「10年まえに、黒砂糖を送ったでしょう」。そんな、10年前のこと、覚えないよと思ったが、「ああ、あの時は、ありがとう」と言うと、おばあさん、喜んだ。「また、持ってきた。食べなさい」。袋イッパイのおみやげ。「おばあちゃんが、今年最後の入館者です」と記念の写真を撮った。「おばちゃん、85歳になるよ」と言うと、「わたしは、94歳だよ」「ギョッ、負けたよ」