2012年2月17日金曜日

ああ、尿が出た!癒しの兆しが見える

とうとう昨夜は、1テキの尿も出なかった。夜中じゅう、大きな点滴を注射するので、尿は出ないし、オナカはパンパンに腫れあがった。苦しい。オーイ、どうなっているんだ。夜中に看護師が、2度、ボウコウに管を注入したが、出ない。今朝、血液検査の腎機能は、クレアチニンが『5』。最悪だった。
ぐっすり眠って、6時30分に目ざめる。毎朝7時に、司祭がご聖体をベッドに運ぶ。ベッドから立って、口をゆすいだ。「ご聖体を頂くから、清潔にする」。すぐ、チリン、チリン、と鈴の音がして、ランプをかざしたご聖体が来られた。拝領する。そのあと、すぐ、その場で、尿を出してみようと思い、コップを取って、尿を出した。すると、おお、「出た」。わずかに、ほんの数滴、濁った尿がわずかに出た。「聖体拝領と共に、出た」「これは必ず、出るぞ」と予感がした。希望が出てきた。回復の兆しが見えたぞ。思ったとおり、尿はじょじょに出だして、赤い、濁った尿だったが、翌朝の聖体拝領まで、何と、1800ccの尿が出たのだった。「ご聖体のお恵みだった」。もう、そう信じた。喜びだった。大きな、印象に残る、私の人生にとっては記録に値するお恵みだった。
しかし、尿が出る、出る、その夜はほとんど寝なかった。写真は手術室への入口です。主治医の先生が言った。「もし、尿が出なかったら、別の処置を考え、悩んでいました」と。ああ、あやふく、この手術室の扉を通るところだった。それが聖体拝領、主の癒しで、扉を通らず、助かった。