2012年2月23日木曜日

今日の1日も、私のジンセイだ

「どうですか?お元気、なりましたか」と、1日、1度は必ず病室を覗いてくれるシスターがいる。「あたたかい、ほんのりとした、あかりが、私の心を明るくする」。入院当日から、毎日、姿を見せるようになった。当病院の事務室で働く韓国人のシスターだ。ふっくらとした顔、ニコッと、優しく、微笑む。その愛情表現に「トローン」となるよ。日本人とはまた違ったフンイキで、なぐさめてくれる。日本という土地柄、慣れないことも、あろう。シスターになって日は浅いそうだが、信仰は燃えている。私は、ズバリ聞いてみた。「あなたにとって一番大切なことは何ですか」。シスターは、ためらわずに答えた。「神様と向き合うこと、愛といのち、です」。なるほどね、確かに「ズバリ」核心を突いている。「イライラや、心配、思いわずらい、いろんな事があっても、神様と向き合います。神様だけが、救われる」。信仰の出会いは、いいですね。今日も生きて行く力をもらいました。ありがとう。「聖コルベ館には居ないけど、今日の1日も、私の人生だ」