2012年2月22日水曜日

ネコ(ニャンニャン)の日に、思わずライモンド

入院7日目。大きな点滴がなくなった。小さい点滴を朝、夕、2回行なっている。病院では院内感染を注意して、病室から廊下に出るのにもマスクをする。そろそろ動けるようになり、退屈もする。しかしこの度の入院では、テレビを全く見なかった。枕辺に、テレビは有るが、棚上げして、使っていない。まだ見る気持ちはない。
その代わり、小型ラジオを聴いている。ラジオで今日はネコの日と知った。ネコと言うと、ピンと来る話がある。入院した2日目だった。鳥取から、みどりさんがわざわざ見舞いに来られた。みどりさんは、登明日記を毎日読んでくれているし、(読者になる)の第1号の女性だった。私の入院を知り、鳥取から列車を乗り継いで、片道6時間、長崎へ着くと、真っ先に修道院を訪ねたそうだ。病院へ来られたときには、ビックリした。わざわざ本当にお見舞い、すみません。気をつかって、短い時間だったが、みどりさんから、微笑みと愛情で、生きるゲンキをもらいました。ありがとう。帰る時、みどりさんが言った。「あのね、ライモンド見たわよ、可愛かった」。突然、ライモンドと言われて、なに?一瞬、ためらったが、「ああ、ライモンドね。修道院のネコちゃんだよ」。みどりさんは、しっかり登明日記を読んでおり、「いつだったか、写真が載せていたモンね」