2017年4月30日日曜日

小さな本の発行から半月、ハガキを待っています

「原爆死した母が与えたロザリオ」(野々村哲(さとし)さんが撮影)。このロザリオは、80年はなるでしょう。終戦直後、聖母の騎士の神学校に入った時、舎監のポーランド人修道士ロムアルドさんから、大きな不思議のメダイを頂いた。それを付けました。
★メダイは中国製らしく、両手を広げた聖母の周りに、「無☆玷☆聖☆母☆始☆胎」と書いてある。当時としては特別な珍しいメダイであったので、ロザリオに付けて、大切にして、他の神学生たちに自慢していた。
★数奇な出会いから、野々村哲さん、塩沢美樹さんのお2人が、「登明の日記」から言葉を選び出して、「トマさんのことば」と題する小さな本を編集してくれた。この本を出版してから、半月になります。
★発行は、4月16日の「復活祭」でした。今日で、4月も終わります。4月の最後の日に、もう1度、小さな本の宣伝をさせていただきます。ブログ「登明の日記」を読んでくださる皆さまに、無料で、郵送料も無料でお送りしています。ぜひ、おハガキをお出しください。お待ちしています。皆さんに読んでいただくのが願いです。