2017年4月28日金曜日

突然の客が来る。旅の仲間です。ご縁はつづけよう

午前中、古い年賀状の整理をした。ホームに入ったからには、ご縁の薄くなった人は仕方がない。捨てる箱に収めた。一枚、一枚、見ながら、瞬時に判断する。「これは、残すか」「これは、捨てても、いいか」。本当の話です。山長先生の賀状で、一時、ためらいました。もう会うことも、ないだろう。だが、待てよ。「謹賀新年」とあり、干支(えと)に関係なく、浜脇教会と黒島教会の写真が載っている。「これは、取っておこう」と残したのが良かった。
★昼食30分前に、突然、思いもしなかった、その山長先生(写真・右)が自室に現れるではないか。これには、びっくり、だよ。案内したのは千草さん(左)だった。「え?何で」「お会いに来たのよ。あら、お顔の色、良さそうね」。山長先生は、カトリック女子高校の英語の教師を勤め上げた。今は、お一人でマンションにお住まいです。
★30分の間に何を語ったか。2つのことでした。山長先生が転倒して、右の足を骨折して、2ヶ月半、入院して治療したこと。それに、「小崎さんに感謝します。チェコ・ポーランドの旅行に連れて行ってもらって、本当に良い旅行でした」と楽しかった旅の思い出に花が咲きました。「あれは何年だったかね?」。千草さんが「2004年よ」。もう13年になるか。「あの頃は元気だったなァ」
★ポーランド旅行以来、毎年、小崎の誕生日には、千草さんのお世話で、旅行に同行した数人が集って、毎年、祝ってくれた。会場は、最初は中華料理店、聖コルベ館などだったが、後では山長先生のマンションに落ち着いた。山長先生が豪華な料理を準備して、小崎がワインを持参した。
★今日のおみやげは「高級のワインですよ。皆さんで飲んでください」
★年賀状を捨てずに、残しておいて、良かったよ。考えてみれば、捨てる住所じゃなかったよ。もう旅行に出かけられないのが寂しい。写真はポーランド・コルベ神父創立のニエポカラヌフ修道院です。