2017年4月11日火曜日

サクラも散り始める。本は、もうすぐ出来るでしょう

見事なサクラが咲きました。大曾神父さまと、入江さんです。2人は、昭和20年、終戦を挟んで、共に学んだ時期もあった仲間です。だから入江さんの情も深い。歳は入江さんが、3つも上になる。この写真の後、雨の日がつづき、サクラは散り始めて、葉サクラになりつつあります。
★大曾神父さまは、1度倒れてから、ベッドで寝ている日が多くなりました。食事は、1つのグループと食事処で食べています。完食されているので、お元気です。
★瀧神父さまも入所されたので、こころ強くなりました。
★今日は、午後、歯医者さんへ治療に行きました。開口一番、「歯の磨き方が良くなっている」と言われた。上、下のレントゲンを撮り、下の歯の掃除、歯石など取って貰った。1時間かかりました。施設の職員さんが送迎をしてくれた。高原修道士さんは、3月31日で、ホームを退職しました。
★日中、心待ちにしている「トマさんのことば」。小さな本のことを考えていました。2人の若者が作ってくれた本、野々村哲さん、塩沢美樹さんの編集です。まだ本は出来てはいない。「日記を読んで下さる皆さんにお届けしたいね」。校正が完了した日に、3人で話し合いました。どうすれば、皆さんに届くでしょうか。無料です。「どんな本か、な」と、きっと皆さんも、届くのを楽しみにしておられるでしょう。