2017年4月25日火曜日

「トマさんのことば」は、ハガキが来ると、白い封筒に入れて、ホームの事務室に発送を頼みます。赤いバイクの郵便屋さんが夕方、毎日、来ています。
★今日は、事務室の職員さんに頼んで、郵便局まで連れて行ってもらった。外国に送る封筒と手紙が4つあった。台湾、オランダ、ポーランド、アメリカです。写真は町の郵便局で、奥の突き当りが町の支所になっている。
★国内向けにも、10個の白い封筒を発送した。これまで届いたハガキの中に、こんなのがあった。「山梨の男性で、バイクで長崎の聖コルベ館を訪ねて、小崎さんに会った。2013年4月21日のブログに載せていただいた。それ以来、ブログを欠かさず拝見している。本は、戴きたいが、5月の連休に、またバイクで九州を旅する。1日の10時前にホームに到着の予定なので、手渡しで戴きたいです」
★彼が会ったという日のブログを調べてみると、彼の写真もバイクも写って載っている。2007年にも、聖コルベ館に来ている。「小崎さんは、今度、来るときは洗礼を受けていなさい」と言ったそうだ。ブログに載った時の出会いは、「洗礼を受けて来ました」
★今度、彼がホームに訪ねて来るなら、4年ぶりになる。どんな出会いになるだろうか。楽しみだ。バイクで各地を廻っている彼だ。きっと、いい話を聞かせてくれるだろう。バイクも見たい。再会が待ち遠しい。これも「トマさんのことば」のお陰かなァ。
★郵便局の道ばたに、レンゲの花がイッパイに咲いていた。やっぱり、この辺は田舎だなァ、そんな感じです。平和で、のどかで、いい町です。