2016年10月9日日曜日

3人はゲンキです。お世話になって、お恵みイッパイ

昨日の運動会の写真ですが、左は、大曾神父さま。右は、入江さん。一緒の「青組」でした。いつも一緒に居る感じです。
★今日は、日曜日ですが、ミサのとき、「神の恵み(救い)とは何だろう?」という言葉があった。日々、知らないところで、神のお恵みは働いているのだろう。忘れてはいけないのは、感謝です。そんな思いで祈りました。
★ホームで暮らせるのも、神の導きでしょう。老いは感じます。でも孤独ではない。周りには沢山の人がいる。
★午後から、「ビデオの日」で、聖フランシスコの「ブラザー・サン、シスター・ムーン」が上映された。フランシスコが、サン・ダミアーノの古びた小聖堂を修理している場面があったが、雪が降っていた。イタリアのアシジには雪が降るんだろうか、そんな思いがした。
★古びた衣服のフランシスコが数人の仲間と、ローマへ赴き、教皇さまの御前に進み出て、会則の認可を願う荘厳な場面があったが、一度は追い出されたフランシスコを呼び戻し、教皇さまが出会って、フランシスコの足に接吻した。おどろきました。そして今の教皇さまの御名は「フランシスコ」であるのを、不思議に思い、見ていました。
★大曾神父さまも、入江さんも、真ん中の者も、フランシスコに関係がある、これも神さまのお恵みです。