2016年10月29日土曜日

長崎の千草さんの言葉。身に沁みて、そうなんだ

長崎の千草さんが来た。彼女が言った言葉です。
★小崎さんには、お母さんの存在をものすごく感じるのよ。お母さんが、将来、困らないように、ルルドに度々お参りして、熱心に祈った。自分は女性だから、修道院(男子)の中に入れないけど、この子は頼みます。原爆に遭って、お母さんは亡くなったけど、すぐに聖母の騎士に入った。
★コルベ神父さまには会わないけれど、コルベ神父の伝記を書くことによって、小崎さんの役目があったのです。
★病気も、いろいろ。カリエス、結核、腎臓一つでも、何十年も生き延びた。小崎さんには、助ける人がいた。いろんな人から助けられた。人は、一人では生きられないのよ。
★小崎さんが、腎臓に結石が溜(た)まって、全身麻酔で手術したとき、無意識のなかで、「コルベ、コルベ、コルベ」と叫んで、びっくりしたのよ。小崎さん、その時の体験を聖母の騎士誌に書いたでしょう。わたし、持っていますよ。(2012年6月号「みむねのままに春」だった)
★あの時、40度の熱が出て、大変な苦しみだった。からだを拭いて、背中を拭いてあげたとき、からだの傷跡を見て、幾つものキズに、びっくりした。しかしキズがあっても、背中に温かいものを感じたんです。
★からだが温かい。背中に、お母さんを感じました。この子を守ります。死んでも守ります。小崎さんにはお母さんが付いている、それを、すごく感じますよ。
★病気したことで、司祭への道を断られた。普通の人なら、途中でやめたかも知れない。わたしは小崎さんは司祭にならずに、良かったと思っている。修道士で、ポーランドにも10回も行って、(千草さんも巡礼団に入って参加した)、沢山の本や記事を書いて、コンベンツアル(と、彼女が言ったのには、ちょっと、びっくりした)の一員として、つづけて勤めているでしょう。
★お母さんが、縁を結んでくれた。見守っています。背負ったものがある。
★それで、わたしの願いなんだけれど、一週間に一度でも、いいから、聖コルベ館に、車椅子でもいいから勤めて、居ってくれたら、小崎さんに会いにくる人もいる。最期まで、聖母の騎士に居てほしい、それが願いです。出来ないでしょうか。
★千草さんは、これだけ長々と話して、赤い袋を渡して帰った。
★袋の中には、パックに入った歯磨きセット、3個と、キャラメル、2個、それに、小さなクマさんのぬいぐるみ(手と足が動く)が入っていた。「毎月、歯ブラシは変えてね」