2016年10月6日木曜日

長崎へ。毎月の診療・クリニックへ。気分は明るい

写真は、長崎の聖母の騎士です。右手に小さく青い屋根、赤い壁が見えるのが、聖コルベ館です。懐かしい風景です。
★長崎へ日帰りで出かけました。朝、ホームを出るときは、高原修道士さんの運転で、私の他に、山内園長神父さま、谷村神父さまが一緒でした。長崎へ着くまで、山内園長神父さまと後部席で語り合いました。普通、ホームでは、なかなか話す機会がない。
★4人が修道者で、一緒に居ると、その場の雰囲気がフラテル(兄弟)になり、気持ちが違うのを感じました。生きている意味もよく分かる。自室に一人で居ると、迷いが起こる。
★「トマのおかげで、少しはホームのためになった」と園長神父さまが言ってくれたのは嬉しかった。
★長崎へ入ったら、3人は別行動になった。私は、毎月、診療に出かけているクリニックへ行く。心電図をとってもらった。先生は、「歩きなさい」と言うが、それが難しい。
★聖母の騎士に寄って、写したのが、この写真です。聖コルベ館には、二学期になって修学旅行生たちが来ている。「語り部をしたいな。若者たちに平和を語りたい」。気持ちは湧いてくるが、現実には、これも難しいようです。残念です。