2016年3月7日月曜日

若い神学生と祈る喜び。ホームでお手伝いの実習

朝、5時すぎ、ホームの隣の湯江教会の扉がひらく。教会の「朝の祈り」があって、ミサがおこなわれる。東京の峯・神学生が参加するようになって、はや1週間が経った。
★日中は、ホームで、職員さんたちに学びながら、入居者たちのために助けとなっている。修道服をぬいで、普通の衣服を身につけて、マスクをすると、ホームのなかに全く溶け込んでいる。3度の食事中のお手伝いや、入浴の介護、ごみ袋の回収など、なんとかお役に立ちたいと努力している。時には、お年寄りたちの話相手になることもあるそうだ。
★昨日は、わたしのパソコンで、日記を書くのに、写真の導入ができなくなって困っていた。峯さんに助けてもらった。正常にもどりました。時々、パソコンの操作が狂うので、困るときがある。
★午後は、教会で、ロザリオを祈りますが、若々しい声で、先唱もします。10数人がロザリオに参加して祈っているが、神学生と共に祈るのは、喜びを感じています。感謝しています。残りの日にちで、良い福祉の体験を味わってください。