2016年3月17日木曜日

サンタ・マリアのご像は、どこ?日本の信徒発見の聖母

何年か前になります、大浦天主堂へ参詣したときに写した写真です。誰でも、1度は見たことのある写真でしょう。左のレンガの建物は、ド・ロ神父が設計・造った旧・大浦司教館です。天主堂への石段をのぼる。この石段は天草の産だそうです。
★下の写真は、天主堂の中に入ると、右側に、日本の信徒発見の聖母マリア像がある。この場所で、潜伏して信仰を守っていた浦上の信徒10数人が訪れ、プチジャン神父に打ち明けた。「あなたの胸、わたしの胸と同じ」「サンタ・マリアのご像は、どこですか?」「ハイ、これがサンタ・マリアさまです」。きょうが、その記念日です。
★コルベ神父とゼノ修道士は、長崎港に汽船が入港したとき、船の上から大浦天主堂を見たでしょう。「ああ、あれがニホンの教会だ。あそこへ行こう」。出島の岸壁に着くと、真っ先に、天主堂を訪れた。天主堂の入口、玄関で、ニホンの聖母像に迎えられる。「ごらんなさい。マリアさまが私たちを最初にお迎えくださったよ」。コルベ神父は喜びと大きな希望を感じた。
★中へ入って、信徒発見の聖母の祭壇にひざまずき、マリアさまを仰いで、祈った。1年間、大浦に仮の修道院を設けたが、コルベ神父は、哲学教授の前後、必ずこの場所で祈っていた。
★わたしは思うんです。聖人の行動には、ムダがない。日本へ到着して、真っ先に来たのが、この大浦の、すばらしい場所であった。きょうは、そのことを考えて、1日を過ごした。