2014年5月20日火曜日

島原半島・オバマ温泉へ。1日目。途中、立ち寄る。

ポーランド人修道士ローマンさん。コルベ神父といっしょに宣教した人。5月22日で、満100歳を迎える。ローマンさん、おめでとう、の記事を騎士誌に書きました。読者から、カードの便りが届いた。「長い、長い、修道生活」と書いてあった。小さな封筒が挟まってある。オバマ温泉へ行く途中で、老人ホームへまわり、ローマンさんに面会に行った。おみやげに、ローマンさんが好きな「チーズ」と「はちみつ」を買った。自室に訪ねる。ちょうど、よかった、10日ぐらい、肺炎のため入院していた。きのう、帰ったばかりです。ローマンさんは、ベッドに休んでいた。目をつぶっている。「ローマンさん、トマだよ」。目をあけて、見た。職員(修道士)同席のもとで、チーズと蜂蜜をわたす。「名前をつけてください」とローマンさん。次いで、小さな封筒をあけると、2万円が入っていた。「ありがとう」と感謝した。ローマンさんは100歳です。ベッドに横たわる写真は撮らない。以前に、撮った写真から、ローマンさんは、こんな修道士さんです。みなさんも、お祝いしてください。老人ホームから、島原半島・オバマ温泉・富士屋さんへ向かった。温泉につかった。