2014年5月19日月曜日

自分の物差しで、自分の背丈を計れ。心配ない。

どうもニンゲンって、他人と比べるんですね。他人を、うらやむ。あの人は、じょうずにコメント言っているな。アタマが、さえているな。自分も、あのように、弁舌さわやかに、カッコウ、つけたいな。しばしば、そう思い悩みます。「自分にも、自分が得意とする語りがあるじゃないですか。スラスラ言える話があるでしょう。それを語りつづければ、いいのです」。なぜなら、それが、自分の体験したことであり、いちばん、大切な痕跡だからです。他人と比べるな。自分にも、いいところは、ある。自分自身に言い聞かせます。自分の「好きな」道に、進みなさい。人には自然に、傾きがあるのです。その道には、きびしさも、あるかも、知れませんよ。それでも、好む道なら、いいじゃありませんか。