2014年5月26日月曜日

福岡の若者、現れる。明るい顔で、ニコニコ。

今年の正月だった。福岡から、1人の若者がきた。純平くんだ。彼は言った。「自分は歳は30になる。幼児洗礼を受けているのに、教会へ行ったことがない。コルベの洗礼名もいただいている。今年は、自分を変えたい。教会へ行きたい。しかし、よく分からない」と、聖コルベ館へ来た。「おお、そうか、がんばれよ」と励ました。そして、福岡の教会の知り合いに連絡して、若者を助けてくださいと頼んだ。その彼が、半年ぶりに、明るい顔でやってきた。うれしいじゃないですか。「教会へ行くようになりました。努力しています」。よかった、よかったと言いながら、修道士は彼に告げた。「神さまのお恵みをもらった時には、感謝するんだよ。そしたら又、次にお恵みがくる。又、感謝すれば、お恵みが、つながってくるようになる。せっかくの恵みも、怠慢で断ち切れば、恵みは途絶えてしまう。感謝するのが、大切なんです。お恵みを、つなぐのが大事なんです」。純平くんは、懸命に働いている。ルルドでお祈りして、喜んで帰った。おやつを、2個持たせた。★1月13日の日記に載せている。