2013年10月21日月曜日

チャンポン食って、旅は終わった。いい思い出が出来た。

韓国から、長崎空港へ着いたのは、夕方、6時30分だった。「ああ、やっと、帰ったぞ」。長崎は、すっかり夜になっていた。空港の近くに、クルマを預けていた。3日で、1.800円。介護の白浜さんが運転するクルマは、夜の高速を走る。一般道路へ降りて、最初に向かったのは、「長崎チャンポン」の店だった。注文のチャンポンを見て、「おお、来たか。これぞ、ナガサキ」と感動。メンを吸い上げると、長崎へ帰ってきた実感が、ジワーッと、わいてきた。相対する白浜さんに、「ごくろうさん。おわったね。ありがとう」。2泊3日と、短い期間だったが、なぜか、長ガーく、感じられる旅だった。このチャンポンが旅の終わりを告げる。餃子(ぎょうざ)も、うまかった。料理は、やっぱり日本食だね。チャンポンを食べられる幸せを、しみじみと味わった。聖コルベ館へ帰って、「さあ、これから、仕事、がんばるぞ」。こうして今年の旅行は、終わったのです。あと、残るは、「オバマの湯」だけです。