2018年3月7日水曜日

鳥取のみどりさんのお花。NHKテレビからの電話

鳥取のみどりさんから戴きました。華麗なお花の盛りを、教会のイエスの聖心像に飾りました。有り難うございます。みどりさんにはお世話になりました。度々鳥取に行って、教会での祈りや、修道士の会のお宅訪問、砂丘のラクダに一緒に乗った思い出など、心に残っています。
★日に、日に、温かくなり、春の兆しがみえてきました。サクラも今月の20日頃には咲くでしょう。職員さんから、手芸で「サクラ」の貼り絵を作ったので、横に一筆書いてほしいと頼まれました。「咲くサクラ、散るサクラ、ともに美しい。されど、老いる桜木は、もっと美しい」と書きました。「桜木って、わかる?」「ウーム」。返事は、いまいち、でした。
★今年になって、いいことが、もう1つあります。NHKのテレビが、「日本26聖人」の映画・弁士について取材を行なったのは、いつでしたかね。「なんで今頃、26聖人映画か」と思いましたが、長崎・聖コルベ館で、松下修道士と一緒に、取材に応じました。昨日、NHK長崎・テレビのキャスターさんから電話がありました。「15日、木曜日、午後6時15分からの『イブニング長崎』で放送します」。楽しみです。
★NHK長崎・テレビでは、「五島の岳踊り」で出て、また「勲章授与」で出て、今度は「日本26聖人」の古い活動写真の映画が披露されることになります。とにかく広まるのは良いことでしょう。期待しています。