2018年3月30日金曜日

聖なる3日間の儀式が始まる。信仰を再燃して生きる


ブリ神父さまの教会での話しに就いても、一応、日記に書き終わった。また、ホームの元の気持ちに戻る。何か変わった事があったか。毎日、色々と事が起こっている。ヨゼフ橋口修道士さんのお兄さんが亡くなった。享年90。
★教会では、聖なる3日間が始まる。昨夜は、聖木曜日のミサが行なわれた。「洗足式」では、司祭が、男子3人の足を洗った。この箇所の聖書が読まれると、イエスの時代の情景が思う出されて、心身にひびいた。足を洗う。最低の事をイエスは身をもって行なわれた。その時の思いは如何ほどだったか。「お互いに、愛し合いなさい」。2千年の時を越えて今も聞こえる。
★ミサの後で、御聖体が別の部屋に移動される。賛美歌をうたい、ロザリオを唱えた。儀式は夜7時30分から始まり、9時に終わった。安眠した。
★今日は、午後3時から、教会で、十字架の道行がある。7時30分から聖金曜日の儀式が行なわれる。